日記(活動報告)

2024-05-30 08:56:00

安城市 日傘をさす子どもたち

今朝は昨日と違って風が無く、通学時に日安城市 日傘をさす子どもたち。傘をさす子どもの姿も。昔は大人の女性だけに見られましたが、今では日焼けを避けたい男性にも見られるようです。すっかり時代が変わりました。
私のFacebookカバー写真の橋梁建設現場の白っぽい部分は、コンクリートで出来ており、ちょうど冬場のスキー場のゲレンデのような状況で、太陽の照り返しがすごいです。建設工事に携わる者はヘルメット着用が義務付けられるので、日焼けによってあごひもの跡がくっきり。作業服姿ならまだ良いのですが、スーツを着て出張の際には恥ずかしい思いを何度も経験しました。
ところが最近は、女性の現場関係者も増えたせいか、「透明なあごひも」が存在しています。日焼け防止効果はどれほどなのか、肝心の強度は大丈夫なのか、今一つ不明な点もありますが、これも時代が変わったと言える事なのかもしれません。
DSCN7646.JPG
tumblr_o877acVSLx1r9b63vo1_1280.png
2024-05-28 12:05:00

安城市 今朝のふれあい朝市

なぜか、ふれあい朝市の前日や当日は雨が多くなっています。できる限り新鮮な野菜を出したい思いで、スタッフのお母さま方は前日に畑に入って、野菜をこいで(抜いて)きますので、畑に入れなくなるのが一番つらいところ。それでも何とか出品数を確保しています。
切り花はここ数週間、スターチスを中心にとても豊富に出ています。スターチスは長持ちすることから人気商品で、あっという間に売れてしまいます。私も何とか入手したいのですが、お客さまが最優先ですので、これは仕方ないですね。
DSCN7638.JPG
DSCN7641.JPG
DSCN7642.JPG
DSCN7643.JPG
DSCN7640.JPG
2024-05-27 04:44:00

安城市 町内ウォークラリーに参加しました

26日午前中、町内会主催のウォークラリーに参加しました。コロナ禍がきっかけで、町内大運動会からこのイベントに代わり、今年で3回目となります。私は会場準備・行事手伝いと来賓対応でした。
やや曇りで風もありウォーキング向きの天気で、コース途中には5カ所のチェックポイントと、2カ所のゲームコーナーが設けられ、ゴールした後にはお菓子といった景品がもらえます。
このほかに、公民館前の倉庫には自主防災会の備蓄品展示や、2022年に明治用水開削測量200年を記念して復元した、石川喜平の算額(和算=現代の数学の問題と解き方・解答を額にしたもの)を展示するコーナーを設けました。石井拓衆議院議員の秘書の牧さんも駆けつけて下さり、これらの説明をさせていただいたところ、特に石川喜平について関心を持っていただけました。
この日の参加者は250人ほど。ゴールした子ども向けにボッチャを体験してもらうなど、町民に健康・防災・文化を体験したり触れていただく、とても良い機会となりました。
DSCN7612.JPG
CCI_000100.jpg
DSCN7619.JPG
DSCN7626.JPG
DSCN7628.JPG
DSCN7622.JPG
DSCN7623.JPG
DSCN7632.JPG
2024-05-26 18:19:00

安城市 ジャズ&コーヒータイムを楽しんできました

市内の福釜町にある『珈琲家 こた』さんで、ジャズ&コーヒータイム。ヴォーカルはjyunkoさん、ギターは砂掛康浩さんで、お2人とも息ぴったりのすばらしいライブでした。
このお店自体で音楽ライブを開催するのが初で、マスターのジャズ好きがきっかけとなったそうです。私はjyunkoさんとお逢いするのは2回目で、柔らかく透明感のある歌声に魅了されます。砂掛康浩さんのギター演奏も素晴らしく、予定していた2時間があっという間に過ぎてしまいました。
途中、マスターこだわりのコーヒーと、名古屋覚王山から取り寄せたシュークリームをおいしくいただきました。また次に開催される機会があれば、必ずお邪魔したいと思います。
IMG_20240525_163151.jpg
IMG_20240525_151132.jpg
2024-05-26 05:19:00

安城市 エコネットあんじょうの総会へ出席しました

25日午前10時より、エコネットあんじょうの総会へ。エコネットあんじょうとは、市民、市民団体、事業者、市が力を合わせて安城市の環境を良くしていこうと、環境問題に取り組む協働団体のことです。三星元人市長をはじめ、ご来賓の方々の挨拶の後、総会の議事と各部会の活動報告が行われました。
エコネットあんじょうの活動の1つに、矢作川水源の森の保安林化に向けての取組みがあり、トラスト地の取得を行っています。トラストとは、土地の寄贈や、寄付金の受付・買い取りによって、その自然を開発などから守る取り組みのことで、市民の皆さまのご理解とご協力(募金など)が必要です。矢作川の安定した水量や水質を守るためにも、地道な取り組みを続けて行かねばなりません。
DSCN7605.JPG
DSCN7604.JPG
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...